どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL03-5229-4202
トップページ > 営業品目 > レンチキュラー印刷 > 入稿データの作り方

入稿データの作り方

レンチキュラー印刷用のデータをご支給いただく際は、お客様にて作成の完全データをいただいております。
こちらのページでは、入稿用完全データの作成方法や注意点についてご説明いたします。
※「完全データ」とは、弊社指定の入稿条件(画像仕様)に基づいて作成された、修正不要な状態に完成されたデータのことです。
※素材データとしてご入稿いただき、弊社側での完全データ作成をご希望の場合は、別途画像加工費用がかかります。

レンチキュラー 3DデプスLenticular 3D depth

複数の平面が階層状に重なっているような立体感が表現できます。

画像仕様

ファイル形式

PSD PSD(Adobe Photoshop)
ai AI(Adobe Illustrator)

解像度

実寸で300dpi以上

※Adobe Illustratorの場合は、リンク画像・埋め込み画像の解像度

カラーモード

CMYKカラー

※RGBデータは、印刷用にCMYK変換を行うため、色調が多少変化します。

製作寸法

仕上がり寸法よりも余分を含んだ画像をご用意ください(右図参照)。

仕上がり寸法よりも余分を含んだ画像をご用意ください(下図参照)。

※左右方向は特に余分が必要です。もし、元の画像の余分が不足している場合は、「塗り足し」を行ってください。

<参考>
■名刺サイズの場合
   ・[横長] 仕上がり:W91xH55mm → 製作寸法:W117以上xH61mm
   ・[縦長] 仕上がり:W55xH91mm → 製作寸法:W81以上xH97mm
■はがきサイズの場合
   ・[横長] 仕上がり:W148xH100mm → 製作寸法:W174以上xH106mm
   ・[縦長] 仕上がり:W100xH148mm → 製作寸法:W126以上xH154mm

「余分の塗り足し方」の具体例はこちらをご参照ください。

画像仕様

テキストフォント

最小6ポイント以上推奨(100lpiレンチキュラーレンズの場合)
最小8ポイント以上推奨(75lpiレンチキュラーレンズの場合)

※上記サイズよりも小さいテキストはレンチキュラーレンズの影響を受けて識別しづらくなります。

テキストは最終的に、アウトライン化(Adobe Illustratorの場合)もしくはラスタライズ(Adobe Photoshopの場合)をおこなった状態でご入稿ください。

QRコード

使用するレンチキュラーレンズの種類やQRコードの情報量によって違いがありますが、紙印刷で推奨される最小サイズの2〜3倍の大きさが必要です。

※通常の印刷と同じサイズで配置すると、レンチキュラーレンズの影響でセルが潰れてしまい読み取れないおそれがあります。
 (推奨例)最小のQRコード(バージョン1=21セルx21セル)の場合
      [100lpiレンズ]10x10mm以上 / [75lpiレンズ]15x15mm以上 ※マージン(余白)を含まないサイズ

PSD画像・AIファイル編集方法

遠近別にレイヤーを分けます。

※1枚の画像からオブジェクトを切り分けた際、背面と重なっていた部分は不自然な違和感がなくなるように塗り足します。

横にスクロールしてご覧ください。

  塗り足ししていない レイヤー分けしていない レイヤー分け・塗り足し済み
レイヤー構造 塗り足ししていない レイヤー分けしていない レイヤー分け・塗り足し済み
効果の見え方 塗り足ししていない レイヤー分けしていない レイヤー分け・塗り足し済み

参考イメージ

以下は3Dデプス用にAdobe Photoshopでの切り抜き作業でレイヤー分けを行なった際、塗り足しの有無によって製品の仕上がりに違いが発生する様子の具体例です。塗り足しがない場合によくあるのが下記の「重複」「抜き合わせ状態(※)」となります。
※「抜き合わせ」とは印刷用語の一種で、画像などに重なる文字等が下色と混ざらないようにする作業のことです。

 

1枚の写真を手前・中間(0地点)・奥行きの3階層(レイヤー)に分けた場合

 

塗り足し済み

how_to_img19.gif

中間・奥行きレイヤーに対して、手前のイメージに隠れている(元の画像には存在しない)部分を、自然に見えるよう想像して塗り足しています。

×塗り足しなし[重複]

how_to_img21.gif

切り分け作業のみ行ない、塗り足しをしなかった場合、中間・奥行きレイヤーそれぞれに残った元イメージが重なって見えてしまいます。

×塗り足しなし[抜き合わせ状態]

how_to_img20.gif

切り抜いてレイヤー分けをした上で他レイヤーの重複箇所を消した、「ジグソーパズル」のような状態です。チェック柄の部分は画像データがないため、実際には白い状態で仕上がってきます。

ワンポイント

絵柄

絵柄の変化がないベタ塗りや横向きの縞模様などからは3D効果が得られませんので、ご注意ください。

遠近の振り分け

奥行き/浮き出し設定が強い(中間地点から離れている)レイヤーほど、ボケ感は大きくなり、鮮明度が下がります。 テキストやメイン要素(顔など)は、中間地点付近に配置することをおすすめします。

「ボケ感」のイメージ(白い球が中間地点)
「ボケ感」のイメージ
(白い球が中間地点)

ご注意Adobe製品上の特殊効果は、3D(弊社3D用画像加工ソフト)に反映されません。

Photoshopのレイヤー効果(描画モード)は、すべて「通常」で仕上げてください。

※乗算・スクリーン・オーバーレイ…などの効果は反映されずに「通常」状態で表示されます。

マスクや調製レイヤー・テキストなどは、結合等によってラスタライズしてください。

Illustratorの場合でも、オブジェクト透明設定(描画モード)は「通常」で作成してください。

最終的にPSDへ描き出す際に、レイヤー統合される不都合の発生や、各レイヤーに効果が反映されず、色合い等が変化してしまう場合があります。

レンチキュラー リアル3DLenticular 3D depth


絵柄の丸みや細かな凹凸感も再現可能となり、リアルな立体感が表現できます。

入稿データ仕様は、基本的に3Dデプスの入稿条件に準じます。

1種類の平面データからもお受けしておりますが、パーツ/レイヤー別に分けられているデータがあれば、統合せずそのままの状態で入稿してください。
※弊社での切り抜き・塗り足し工程を部分的に省略できる可能性があるため、元データのクオリティを極力維持した状態で3D化工程へ進めやすくなります。

別途、画像処理代がかかります。

レンチキュラーその他効果Lenticular others

チェンジング/アニメーション/モ-フィングなどのレンチキュラー効果

画像仕様

ファイル形式

TIFF TIFF
PSD PSD(Adobe Photoshop)
ai AI(Adobe Illustrator)

※表現内容やファイル形式によっては、同サイズの画像ファイルが複数必要となります。
※PSD内・AI内にレイヤー別で複数の画像を重ねて収めても大丈夫です。

解像度

実寸で300dpi以上

カラーモード

CMYKカラー

※RGBデータは、印刷用にCMYK変換を行うため、色調が多少変化します。

製作寸法

仕上がり寸法より天地左右各3mmずつ余分を含んだ画像をご用意ください。

※左右方向は特に余分が必要です。もし、元の画像の余分が不足している場合は、「塗り足し」をおこなってください。

<参考>
■名刺サイズの場合/ 仕上がり:91x55mm → 製作寸法:97x61mm
■はがきサイズの場合/ 仕上がり:148x100mm → 製作寸法:154x106mm

「余分の塗り足し方」の具体例はこちらをご参照ください。

テキストフォント

最小6ポイント以上推奨(100lpiレンチキュラーレンズの場合)
最小8ポイント以上推奨(75lpiレンチキュラーレンズの場合)

※上記サイズよりも小さいテキストはレンチキュラーレンズの影響を受けて識別しづらくなります。

テキストは最終的に、アウトライン化(Adobe Illustratorの場合)もしくはラスタライズ(Adobe Photoshopの場合)をおこなった状態でご入稿ください。

QRコード

使用するレンチキュラーレンズの種類やQRコードの情報量によって違いがありますが、紙印刷で推奨される最小サイズの2〜3倍の大きさが必要です。

※通常の印刷と同じサイズで配置すると、レンチキュラーレンズの影響でセルが潰れてしまい読み取れないおそれがあります。
 (推奨例)最小のQRコード(バージョン1=21セルx21セル)の場合
      [100lpiレンズ]9x9mm以上 / [75lpiレンズ]12x12mm以上 ※マージン(余白)を含まないサイズ

チェンジング…異なる絵柄が切り替わって見えます。
チェンジング…異なる絵柄が切り替わって見えます。

画像データを2種類以上ご用意ください。
2~3種類を推奨します。

絵柄によっては残像が発生する可能性があるので、画像の組み合わせやデザインにご注意ください。
色の濃い絵柄と白(または淡い絵柄)との組み合わせでは、薄い側に濃い絵柄が残って見える場合があります。

モーフィング…絵柄が別の絵柄に変形しながら切り替わります。
モーフィング…絵柄が別の絵柄に変形しながら切り替わります。

画像データを2種類ご用意ください。
入稿後、モーフィング加工処理を行います。

モーフィングには、「A→B」の変化と「A→B→A」のループでつながって見える変化とが選択できます。
※別途、画像加工処理代がかかります。

アニメーション…動画感覚で絵柄を動かして見せます。
アニメーション…動画感覚で絵柄を動かして見せます。

アニメーション用画像データを複数ご用意ください。
(10コマ程度が目安です)

開始から終了までの動きが複雑すぎると、動画的なつながりが分かりにくくなります。
できるだけ単純なモーションで表現することが効果的に見せるコツです。

入稿前のチェックリストCheck List

作成した「完全データ」に不備はありませんか?

入稿データに不備がある場合、お客様に修正いただいた上で再入稿していただく必要があります。

 

カラーモードはCMYKになっていますか?

RGBで入稿された場合、弊社でCMYKに変換して進行するため、モニター表示された状態よりもくすんだ色調で仕上がってしまいます。

画像解像度は適正(300~350dpi推奨)ですか?
仕上りサイズに間違いはありませんか?

※弊社の「レンチキュラー名刺・はがきパック」の仕上りサイズは、名刺 91x55mm、はがき 100x148 となります。

データは仕上りサイズよりも大きく製作されていますか?

天地左右それぞれに3mmずつ(3D用データの場合はさらに左右それぞれ10mm以上)含めて作成お願いします。

[3Dご注文の方]レイヤー切り分けを行なった際、奥行き側レイヤーへの塗り足しはお済みですか?

切り分けたレイヤー同士が抜き合わせ状態だったり、切り抜いたあとのレイヤー側に不要となった絵柄が残ったままだったりすると、不自然な仕上がりになる恐れがあります。

全てのテキストサイズが6pt以上(推奨最小サイズ)になっていますか?

小さいテキストはレンチキュラーレンズの影響で読めなくなるおそれがあります。

[PSDにて入稿の方]文字データは全てラスタライズされていますか?
[AIにて入稿の方]テキストは全てアウトライン化されていますか?
[AIにて入稿の方]リンク画像は全ておそろいですか?もしくは埋め込み済ですか?
[名刺・はがきパック ご注文の方]裏のモノクロ面はスミ(K)のみで作成されていますか?
 また画像データはグレースケールになっていますか?
ご注文はこちらから!!
マル・ビへのお問い合わせ、お見積もりは下記よりお気軽にお申し付け下さい。
お電話でのお問い合わせはこちら
TEL03-5229-4202
【受付時間】9:00~17:00(土日・祝日を除く)
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOP